あけましておめでとうございます

年末、母親に

「年越しの日にあんたはいつもおらんな!」と家を出る直前に言われた。


思い返せば最後に年越しの瞬間を家族と迎えたのは小学校4年の頃。


私は小学校5年から年越しを家で過ごせない呪いにかかっている。


小学校4年(9歳)から現在(29歳)の20年間、20回の年越しを、家族じゃない誰か、もしくはひとりで、自宅じゃないどこかで過ごしてきた。


サンタクロースは本当にいる!と信じていたのが幼稚園までなら、年越しの瞬間はジャンプして地球におらんことにしよ!を信じていたのは小学校5年の年越し10秒前。


小学校4年の家族で過ごした最後の年越しで、私は「3.2.1.JUMP!ハッピーニューイヤー!」と家族の前でドヤ顔で飛んでみせた。


小学校5年の頃に始めたバスケットボールで、そのメンバーと共に年越し初詣に向かった。

まもなくカウントダウンが始まる。

その直前に、私は「ジャンプする?地球におらんとく?」とメンバーに言ったら、「それまだやってるん?飛んでも地球やし!」と何人かに言われて、心がキュッと締め付けられた。


家が好きでインドア派の私やけれど、年越しのときに家の中にいたら、時代や周りの友達についていけなくなる!!

ていうかなんで私の家族はもうジャンプする年じゃないよ!ジャンプしてもここ地球よ!って教えてくれへんかったんや。

今思えばそんなたいしたことじゃないし、この一年後にTVではガキ使の笑ってはいけないがスタートするから、家でTVを見ながら年越しが恋しくなる時期も後々やってきてるのだが。


それで私はこの時から、年越しを家で過ごさないという呪いを自分にかけた。


ピュアハートの小学校時代には、ちょっとしたことがきっかけで周りと温度差が生まれる。


そんなこともあり、寮生活や家出やらをしていた私は、大人になっても年越しは外でする呪いがかかったままである。



2019年年末の家を出る直前


母「年越しの日にあんたはいつもおらんな!」


私「せやなぁ。ここ最近は同じところに初詣に行ってるから、お守り返しにいかなあかんねん。」


母「え、そんなことしてるん?安心やわ。」


私「せやろ。ふらふらしてるわけちゃうねん。」


母「5円持ってる?」


私「え、あぁ、ないわ。」


母「あげるわ。」



私は家を出た。


呪いにはかかったままだけれど、その呪いに相応しい年越しの仕方を見つけつつある。

親には心配ばかりではなく、少しでも安心を送ってあげないといけない。


嘘も貫き通せば真実になると言うけれど、呪いも貫き通せば生き方になり、何事も継続は力なりやな。


そうそう。

最終的に書きたかったことは

継続は力なり

という言葉。


今年もよろしくお願いします。