撮影と訪問と竜巻


こんばんゎ。

毎日「スーパーソニックジェット赤子」のことで充実した日々を過ごしています。

今日は早朝よりPV撮影。

撮影はBANZAI FILMSの鬼村監督と澤さん。

片岡さんと、赤子役の林檎さんと、スパーク役の丹下さんと真壁のメンバーでロケ撮影でした。公園で撮影したのですが、紅葉が綺麗で場所もめちゃくちゃ良くて、ポップでキュートな衣装が映える!!

監督の「最高!」を聞くとモチベーションとテンションが上がるし、本当にいい絵が撮れていました。みんなさすがや。

気に入っている写真があって、林檎さんと監督がただ歩いているだけの写真なのだけれど、オーバーオールのお揃い加減と芝生の色、雲のかかり具合、この絶妙な哀愁加減がたまりませぬ。「スーパーソニックジェット赤子」は、派手でカラフルで元気なイメージの芝居だけれど、しっかりドラマはあちこちにあって、切なさも哀愁もうるっとくる部分もあるのです。

夜はサポートのいぶちゃんと秋穂ちゃんの出身校である関西学院大学の演劇グループSomethingの部室へ。宣伝しにお邪魔しました。

「うちどんな感じでおったらいい?」

と聞くと、いぶちゃんが

「真壁さんはゲストでいてください。」

と力強く言ってくれたのでお任せしようと何も考えていなかったのだけれど、いざ部室に着くといぶちゃんも秋穂ちゃんも何も喋らずニコニコしているだけだった。

おいおい!何も喋らんのかい!!と思ったけれど、思っている以上に私の口からはするすると言葉が溢れてきた。5分くらいのつもりが15分以上部室に滞在した。

部員の子の中には

「お局ちゃん観ました!」

「忍者の人!」

「関ヶ原観ました。」

「ラビットハート観に行きました!」

「ミジンコターボ知ってます!」

という子も多く、あたい嬉しかったよ。

この公演が終わったら

「赤子最高に面白かったです。」「あ!〇〇の人や!」って言われるように頑張るよ。


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now