歯医者嫌い


先日、ツンとドラで共演した下野君とお茶した。

同い年の彼は、演出家志望でもあり観点や選ぶ言葉が鋭くっておもしろい。

RABBIT HEART PROJECTのことも「全員が主役だったよね。あの構成力はすごい!」と言っていたし(すごいのは片岡さんであり、それを全うした出演者全員であり、座組のチーム力が強かったことがわかる!)、全員オーディションであそこまで芝居が持ち上がっているところはない、最近では珍しいとも言ってくれていて、自分が関わっていた公演のことをそういう風に言うてもらえて嬉しい。

下野君とはツンとドラの時に役柄的にも密に喋っていて、稽古の帰りに好きな芝居の話をしたり、打ち上げの時にお互いの野望みたいなことを喋ったりと、私の中でも同い年で芝居の話や、ただ芝居が好きって言うこと以外の面でも話ができる人はいないのでとっても楽しい。

そんな下野君は着々と動き出しているらしい。近々発表するらしい。私も負けてられへんなぁと思いながら、半年前とはお互い違うねと言っての解散。

ファミレスで頼んだ甘いものが全く同じやったことが、そこ被るかねって話やけど(コーヒーゼリーアラモード的なやつ。)、いい時間やった。

下野君と写ってる写真が一枚もない。写真撮るの大事。

そういうタイミングなんやな、っていうことから、そういう一年なんや、に変わった。

えーびーがたの公演が3月だったけれど、もう一年くらい経ってるような気がする。でも2019年はそこからはじまっているし、BANZAI FILMSの撮影があったり、RABBIT HEART PROJECTの3ヶ月がつい最近まであって、現在StarMachineProjectで、一つ一つのことと向き合っているこの一年。役者としての活動をしていないから、停滞してないかなぁとかめちゃくちゃ思うのだけれど、芝居したいなぁと思っている自分に期待。それに自分の中でも有耶無耶で進まなかったことが、少しずつ固まりつつある。

まわりの声にも耳を傾けながら、自問自答を繰り返したり。まさに「THE 20回転の恋」の時のよう。私の中には20人もいないけれど、何人かのちびっこ真壁が現れてきた。

でもさ、今の最優先事項は、歯医者や。

歯医者が病院の中で一番嫌いやから、全然行く気が起きない。

どうしたら歯医者に行けるのかわからん。

もう二年放置している親知らず。

そろそろまずくなってきている。

いやだわ。歯医者。


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now