桜と杉ごはん


ここ数年、花見はめっきりしていなかった私です。

ひょんなことから花見に呼ばれていった先で、あまり桜が見れなかったからお店に入る。6年ぶりに行く中華料理屋さん。ふわっと春風にのせて記憶が蘇る。あの作品はまたしたいなぁ。22歳の時の作品をまたするチャンスは巡ってくるんだろうか。なんて他愛もない話で盛り上がりながら想っていた。気楽に喋ってくれる「先輩」と呼べる人達に会えるのは嬉しい。

そして!やっと行くことができた【楽や】さん。

えーびーがたのフライヤー撮影で行った時が、晴れた日で葉の色が紅く染まっていた秋のおわり、11月。

そこから初本公演があり、桜の開花とともに再び訪れたのが4月。

店内にはえーびーがたコーナーがありまして、めちゃくちゃ嬉しい。

食べていると自然とカラダが綺麗になっていく「杉ごはん」。全部とても美味しいのだけれど、この日初めて食べたのが「つくしの佃煮」。田楽に、ヤーコンというお芋だったり、塩大根だったり、クレソンの白和えだったり。お味噌汁は絶品。地元の野菜が中心というのも魅力の一つだけれど、一つ一つ丁寧に心を込めて作られた料理は、感動する美味しさ。ぜひ大切な人と行ってほしい。私は母上を連れていってやりたい。

のんびりしていたら、入れ替わり立ち替わり多くのお客さんが来ていた。杉ごはんを食べに行くという目的もあるけれど、店主の陽子さんに会いにいくという目的の人も多くいると思う。

昔ごはんとおやつの時間【楽や】

ぜひ足を運んでほしい。杉ごはんを食べに、陽子さんに会いに、ケーキを食べに、のんびりしに、小旅行に。夏は蛍が見れるかも。

心もカラダも満たされて、さよならまた会う日までと手を振り、桜並木を一気に通り抜けた。

また新しいことへの挑戦が始まる。


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now