ガッツだぜ


言わないことが善の世の中なら、言うことが悪と捉えられても私は言うていきたい。

こういうところは継いでるなぁと思う。オブラートに包む癖はあるし、口が達者なわけでもないし、最終的には精神論になりがちやけど。

話は変わるけれど、もし「地球ロックンロード」でアフタートークをするならば、演劇とは関係のない人がいい。ジェンダーに関係する人だとか、パン屋さんとか、パイロットとか。この芝居の構造やありきたりな感想や難しい話を聞くよりも、作品に関わる何かに富んだ人の方が面白そう。でも私がトークを面白く回されへんから、やっぱりアフタートークはでけへんなぁ。

本日も稽古。今宵はBANZAI FILMSの鬼村監督と澤さんが来てくれた!劇中で使う大事な小道具をお借りする。やっぱりいつ会ってもBANZAI FILMSはいいチームだ。

えーびーがたの座組もいいチームやと思っている。一重に作品をよくしようという皆さんの気持ちが、支えてくれている。感謝!

稽古では待ちに待ったシーンを受け渡す。これはうまくいけばかなりの確率で魅了されると思う。見ていて最高に楽しい。それぞれの役者に負荷をかけるけれども、挑戦でもあるし、何よりもそのシーンでの伝えたいことにしっくりハマる気がしている。

稽古はどんどん進む。進めることにした。全員が参加してくれて、イブちゃんも来てくれている。丁寧さはもちろんいるけれど、進めることにより見えてくるものもある。

台本が上がっていても常に疑い続けている。引っかかりや弱点に気づいて言ってくれる人もいる。すげーな。可能性は無限大に広がる。

個人的に今日のベストアクトは片岡さん!急に放り込んで来た芝居のネタというか台詞が抜群に面白かった。そして失敗をも成功に変える達人の浅雛さん!この二人のコンビネーションプレイも実物っす!!

このイラストも可愛いなぁ。芸術創造館で稽古をする一つの楽しみになっている!!


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now