グレーの点々


晴れ、時々風が強め、自転車乗りに帽子危険注意報。私のキャップが風に飛ばされた。

稽古7日目。最近借りている稽古場、芸術創造館は借りた部屋の扉にどこが使っているかわかるように、このようなミニホワイトボードが設置されている。片岡さんが20秒で描いたイラストが可愛い。大体どこも名前やから、イラスト付きはテンションが上がる!ていうか20秒でこんな可愛いイラストを描く片岡さんはやっぱりすげー。

稽古は細かい、細かいところを詰めていく。なぜこの台詞が出にくいのか。人間のからだは正直や。気持ちと身体が違うかったら台詞も全く出でこない。そんなこと自分たちでなんとかするもんなんだが。今回の作品の会話を楽しむためには、いま自分らが持ってるものだけでは飽きてしまう。お客さんを退屈させたくない!というのが一番やけど。そして何よりもフルパワーでスタートして一瞬のサボりがすぐばれてしまうような少人数の芝居やから、もうヘロヘロになる。

自分が演じる役のことだけ考えてても、その役は一向によくならない。やっぱり他人との関係性が、その役をどんどん深めていく。脚本は決して損なわずに、どんどん急上昇で面白くなっている。自分たちの力だけでは決して到達できないところを目掛けて進んでいっている。

お局ちゃん御用心!に出演したときに、笑いを取ることがめちゃくちゃ難しいということと、笑ってもらったときの生きててよかったと思える気持ちと、やっぱり笑い声はいいなぁということと、元気をもらえましたという感想を聞いて、すごく実感したことがひとつある。それが今回の初本公演を打つということへの意味と、目標になっていて、さらには芝居へのモチベーションに大きく繋がっている。

片岡さんの正確さと斬新さとコミカルさと実力と、浅雛さんの渋さと優しさと存在感と、福田さんのお笑いと頭の良さと女性目線と、相方の小野村さんの心意気と真面目さとマイペースさと、真壁の生意気さが「地球ロックンロード」に盛り込まれていっている。

美味しいカレーが食べたい。カレーにハマってる!


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now