頭の中ロック


「地球ロックンロード」のキャスティングについて書いてみます。

ゲストさん3名について!小野村優さんはまた次回に書くぜ!

浅雛拓さん。

去年の3月に声をかけさせていただいた。今回の物語では大黒柱的ポジションを担っていただく。私は「蒼い刻」で初共演し、父と息子役で一緒に稽古する機会が多かった。また「殿村ゆたか劇場〜ファイト〜」では舞台監督としてずっと見守ってくれていた。えーびーがたの小野村さんとプロデューサーの片岡さんと話し合い、この役には拓さんが適役で面白いんではないか!となり、出演していただくことになった。そしてこの間の読み合わせで、見事に面白かった。めちゃめちゃ役に合っていると思う。ちなみに拓さん真壁、どっちが先に台本を覚えるか勝負している。

福田恵さん(劇団レトルト内閣)

実は共演したことがなく、面識もなかったのが福田さん。台本を書き進める上で、この作品にはもう一人、絶対的に必要なシャバ的ポジションの人がいる!となり、私が福田さんが良いと言いお声かけさせていただいた。福田さんの出演されている芝居は何度か観たことがあり、私は福田さんのこういう面が見てみたいと思いのキャスティングだった。初の本読みでは福田さん節が早速出ていて、私個人としては色々試してほしいことがポンポン浮かんだ。初共演になるのでとても楽しみである。

片岡百萬両さん(片岡自動車工業)

えーびーがたのプロデューサー+宣伝美術+出演という、根っこの部分から芽が出て花が咲くまでを、肥料であったり太陽光や雨、時には落雷になって関わっていただいている。

片岡さんにこの役をしてほしいというのがあったけど、アテガキは超難しかった。設定だけが宙に舞ってる感じがしていて中々役が地に足をついてくれなかった。今はいい感じになっている。苦労した分、役もしっかりした。片岡さんの役者は楽しみすぎる。今作ではふわふわしたポジションを担ってもらう。

この新聞画像も片岡さん!ほんまにすごい。天気のところとか細部に渡って可愛い。

晴れときどき自転車。自転車最高!欠かせない自転車。

えーびーがた新聞もご購読ありがとうございます。

月末を楽しみと言ってくれる方がいて嬉しいです。

楽しみがあると毎日がほんの少しハッピーになるから、そのほんの少しにえーびーがたの新聞があって初本公演の「地球ロックンロード」があるといいなぁ。


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now