幕があくこと


大阪で地震が起きてから2日たった。震源地近くではまだ復旧にあたっていたり余震があったり雨が降ったり電車が遅延したりと、まだまだ不安はきっとある。

それでも舞台の幕があくことをこんなに心待ちにしたことはなかった。

翌日に関ヶ原の見物人が上演できて、たくさんのお客さんが観に来てくれて元気をもらったと笑顔で帰って行かれるのを見ると、ちょっと泣きそうになった。

開演前の三味線ライブは圧巻!!今回の片岡自動車工業になくてはならない存在!竹内獅士丸さんの奏でるというよりかき鳴らす勢いのある演奏!かっこいい。

私が何より感動したのは、片岡さんの前説やったりする。

劇場に集合したときに避難誘導の確認や対応についてしっかりレクチャーを受けた。それは劇場でお迎えする私たちの第一段階。そして足を運んでくださった、皆さんに共有する第二段階。さらに今から舞台みるにあたっての同じ空間の共有、ここにいる限りは何かあったときにいつでも瞬時に対応するスタッフさんがいてて万全の状態なので芝居を楽しんでくださいね!っていう第三段階。

書き始めるとその前の日からあるんやけど、私はその日の前説が心に残ってる。

そして二日空いての「お局ちゃん御用心!」

キタキタ!この感じ。このメンバーでできる喜び。お客さんが楽しんでくれてて、関ヶ原チームが観てくれてて、流れビンタもくらってて。

明日からも無事に幕が開きますように。

「関ヶ原の見物人」もみたけどめっちゃよかった。

二作品見る方は全く違うけど、是非共通点を探してね。

明日も安全第一で、劇場でお待ちしております。


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now