これが噂のあれか


今日、ほんの30分くらいやけど、天気もいいし天満橋の川近くにいた。造幣局の通り抜けもあってベンチは埋まってるから、ちょっとした段差に腰掛けて本を読むことにした。

そもそも普段外で本とか読まへんねんけど、どうしても続きが気になってさ。

2ページくらい読んだところで、私からほんの2メートル横に誰か座った。人が座る段差ちゃうから、気になるしなんやねんって思ってたら

休憩デスカ?」って明らかにこちらを見ながら言うてきた。

「はぁ、まぁ」

本好きデスカ?

「ぼちぼち」

お若いデスネ。ハタチくらい?

「嘘やろ。27歳です」

おぉ!近い!ワタシ29歳です。淀屋橋の不動産に勤めてマス。とても知的デス

「どうも。どこ出身?」

中国デス。お名前ワ?

え、なんなん本読みたいねんけど。てかどこが知的やねん!金髪で真っ赤な服でほぼ地面みたいなとこで本読んでたら知的なんか?と思いながら、私は人生で初めてナンパにあった。

見た目がボーイッシュなのと怖そうなのとで初めてなんやけど、ナンパってこんな感じなんやぁ、ダルっ!て思ったよ。

LINE交換しまセンカ?

「それは無理です」

なぜデス?

「結婚してるからです」

はい、もう嘘ついてやったわ!結婚してるって自分でいうて笑けてきたけど、諦めるやろ思ったら

ではトモダチになりましょう?

「いいですけど、結婚してますよ」

トモダチはいいでしょう。LINE交換しましょう?

「しません。私はもう遊びはやめて、落ち着いてますから」

何いうてんねん、自分!もう面倒臭くなって、適当になりすぎてる。

私がもう行くって言うたら

また会えたら、ここで、いいデスネ

「そうですね(笑顔)」

最後は優しかった自分。

そんな感じのいい一日でした。


by.MEGUMI   MAKABE

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now